勃起障害に悩んでいる人に

勃起障害に悩んでいる人に

勃起障害に悩んでいる人に

 

最近、勃起の勢いが弱くなってきた、もう年かな。そう考える中年男性はとても多いようです。そしてそのまま何も処置せずにセックスレスになって、人生の喜びを失って生きてというパターンがほとんどです。勃起できないことが恥だと考えてそのまま処置をすることを放棄する人が多いからです。病院の泌尿器科に行くことなんてもってのほかだと考える。そのままあきらめてしまえば何も変わりません。現在では医学も進歩し勃起障害・EDは治る病気だという事を知っていない人が多いのです。このサイトでは勃起障害についてアドバイスをしつつ、その原因や治療例などを紹介していきたいと思います。

 

珍しい病気ではなくなってきた

高齢者の悩みとして多いのがこの勃起障害です。前立腺肥大症の患者さんが、何回か通院しているうちに、医師にその症状を相談するという方がおられるそうです。
勃起障害は決して珍しい病気ではなく、存在的には多くの人が勃起障害で悩んでいるといわれています。
アメリカでは約3000万人、日本では約1100万人の方が勃起障害で悩んでいると推計されています。しかし従来は実際に勃起障害を理由に医療機関に受診するケースはとても少ないです。ところがバイアグラが発売されるとともに勃起障害に関する関心が高まり、その結果勃起障害で医療機関の門をたたく患者さんがとても増えました。

 

従来は勃起の障害をインポテンスと呼び、性交時に有効な勃起が得られないため、満足な性向が行えない状態を定義する。通常、性交のチャンスの75%以上の確率で成功が行えない状態とすると定義していました。しかしインポテンスという言葉には侮辱的な意味合いが含まれているということでその呼び名には勃起障害を使用すると提言されました。その定義においても性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性向が行えない状態に変わりました。
つまり、勃起障害は生命にかかわるような病気ではなくまさしく究極の生活の質が下がる疾患と位置づけられました。

 

勃起障害の治療法

夢の治療薬

 

勃起障害治療の第一選択は、原因や年齢に関係なく勃起窓外改善薬すなわちバイアグラやレビトラになるといってもいいでしょう。男子絵ホルモンの低下による内分泌性勃起障害においては男性ホルモンの補充が、若年者の心因性勃起障害に対してはセックスカウンセリングが治療の中心となるべきことは周知のとおりですが、バイアグラやレビトラの単独あるいはこれらを併用することにより、治療効果が著しく高まることがわかっています。それほどこれらの薬剤の有効性は高いのです。
バイアグラやレビトラはPDE5阻害薬と呼ばれており、その作用機序は同様です。陰茎内の神経末端から、神経伝達物質である一酸化窒素が放出されると、陰茎海綿体平滑筋に作用しこれによって、陰茎海綿体の弛緩、すなわち勃起が起こります。そして、最終的には分解されます。バイアグラやレビトラはこのPDE5を選択的に阻害し陰茎海綿体の弛緩を促進し勃起しやすい状態にしてくれる勃起薬

 

バイアグラの効果を測定するために市販後にモニタリングしてみるとなんとその九割以上の人で効果が認められており、患者さんの満足度も高い印象です。しかし逆に考えれば、薬ですので当然のことですが、約一割の方には効果を実感することができなかったということになります。
確かに重度の糖尿病などにより神経そのものが著しく障害されているような患者さんでは、十分に薬の効果を認めることができないことはあります。また、心配するような副作用に関しては服用した方の3%にその副作用が認められました。しかし、その多くは一時的な顔面の紅潮や頭痛といった非常に軽度のものでした。もちろん、生命にかかわるような副作用は今のところ報告されていません。バイアグラの登場以前の環境から考えるとこの薬は夢の治療薬といえるでしょう。

 

PDE治療薬使用の際の注意

 

バイアグラやレビトラを使用する際の注意点を開設していきたいと思います。バイアグラと聞いただけで、副作用は大丈夫なのですかと質問したくなる方も多いと思います。過剰に心配してしまう気持ちもわかります。しかしこれはバイアグラが日本に登場した際のマスコミの紹介の仕方に問題があったと考えられています。アメリカで発売されるや否やバイアグラは日本でも大変な話題となりました。しかし残念なことに日本の新聞・雑誌・テレビなどの扱い方は、バイアグラで何人死亡したといったその危険性に注目した報道が中心でした。このことが今でも尾を引いているようです。副作用のない薬などこの世にはないわけですが、PDE5阻害薬は基本的には非常の安全な薬です。しかし、正しく服用しないと、生命にかかわるような事故につながることもあります。
しかし正しく服用すれば何の心配もありませんので、かかりつけのお医者さんの言いつけを必ず守って服用するようにしてくださいね。

 

使用目的と方法をきっちりと理解する

通常バイアグラは性行為の一時間前に服用することになっています。これは空腹時の服用が前提です。すなわち、空腹時にバイアグラを使用した場合は一時間後で血中濃度が最高になり、食後投与では血中濃度が最高になるまでに約三時間かかり、しかもその時の最高血中濃度は空腹時の服用よりも減少するとされているからです。バイアグラを服用していても効果がなかったという患者さんの中には、食後にバイアグラを服用した、あるいは、空腹時に服用したがその後に食事をした、というパターンが多いようです。バイアグラは食事から少なくとも4時間は開けて服用するようにとされています。どうしても時間的に無理な場合は食事と同時に服用してもいいのですが、その効果が表れるのは食後三時間後になります。
このようにバイアグラは空腹時に服用することが前提の薬ですが、タイミングがとりにくいという苦情もあります。レビトラに関しては、このバイアグラの欠点を補い食事の影響を受けません。このため、とにかく性行為の一時間前に服用すればよく、タイミングを気にする必要がなく、大変好評です。まあ、既に欧米で発売されて、日本でも臨床実験が終わっているシアリスも服用の際に食事の制限を受けないばかりか、効果が36時間も持続するといわれています。
治験実施のモニターさんの意見も非常にスムーズに性行為に入ることができる。と好評で、非常に有望な薬だと言えます。

 

このほかにも勃起障害を改善する薬は数多く開発されています。最近では、韓国で開発された勃起薬が人気でザイデナ通販されている男性が増えています。歳だから仕方がないとあきらめずに積極的に医師に相談し生生活をエンジョイしてください。

 

国際勃起機能スコア

 

勃起の機能を数値化するための問診票のようなものです。最近6ヶ月の状態をご自身で客観的に評価してスコアをつけます。25点満点で、20点以上が正常範囲とされています。病院に診察に行くときには、このスコアをきっかけにすることもいいでしょう。とにかく、勃起障害を感じたら、すぐに対処することが、回復への近道です。

 

 

012345
勃起を維持する自身の程度はどれくらいありましたか一度もなし非常に低い低いふつう高い非常に高い
性的刺激による勃起の場合何回挿入可能な勃起の硬さになりましたか性的刺激一度もなしまったくなしまたはほとんどなしたまに、半分よりかなり低い回数う時々、半分くらいおおかた毎回毎回またはほぼ毎日
性交中、挿入後何回勃起を維持することができましたか性交の試み一度もなしまったくなしまたはほとんどなしたまに、半分よりかなり低い回数う時々、半分くらいおおかた毎回毎回またはほぼ毎日
性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか性的刺激一度もなしほとんど困難かなり困難困難やや困難困難でない
性交を試みた時に、何回満足に性交ができましたか性交の試み一度もなしまったくなしまたはほとんどなしたまに、半分よりかなり低い回数う時々、半分くらいおおかた毎回毎回またはほぼ毎日

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ