勃起の勢いを測定

勃起の勢いを測定

勃起の勢いを測定する

勃起の勢いを測定するときに手の指の角度を使うことが良くあります。

 

勃起の角度が上向きなほど、硬く直立していると言えるでしょう。

 

性交の際にあまり角度は関係ないように感じますが、角度が上向きの方が通常の大尉の時に、体同士が密着しやすくなりますので、その分パートナーとの雰囲気も盛り上がるというものです。

 

硬さに関しては硬い方が激しい運動でも思い道理に扱いやすいので、男性からも女性からも硬いに越したことはないという考えの方が多いです。

勃起の勢いを測定方法

 

手の指で勃起の角度を測るときには、まず、大きく手を広げます。そして勃起している部分に手の平と、おやゆびを上向きにして横に添えます。

 

その時に勃起の角度と手の指の角度を合わせてみて、おやゆびと同じなら、10代。人差し指と同じなら20代。中指と同じなら30代。薬指と同じなら40代。小指と同じなら50代。

 

という判断をするようですが、私は40代なのですが、薬指よりは全然上で、中指よりも上だったので、勃起の勢いに関しては、悩む必要はないのです。

 

目も歯もよくてあわれなり、ということわざもありますが、年齢とともにどうしても体は老化していきますので、様々な部分で元気がなくなってくるのですが、勃起ができなくなくなるというのは男性としてはかなりショックなことになります。

 

その勢いがだんだんと弱くなるのを感じながら、生活するもの相当につらい時間となるのです。女性の場合は年齢によって性交そのものができなくなることはりませんが、男性の場合は勃起しないということは、もう人生で性交ができないということになります。

 

性交はあまりおおぴろげにしてはいけないという文化がありますが、生き生きと生きるうえでは欠かせないものだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ