いろいろな勃起障害

いろいろな勃起障害

勃起障害の原因と分類

 

では、なぜ勃起障害が起こるのでしょうか。日本製昨日学会が提示する勃起障害の分類にもとづいてその原因を開設したいと思います。

 

機能性勃起障害

 

心因性勃起障害

 

過去における成功の失敗などの良き不安や心理的ストレス。疲労などが関与して発症するものですが、心理的要因がマスクされていることも多いです。

 

精神病性勃起不全

 

精神分裂症やうつ病などに起因する勃起障害です。

 

器質的勃起障害

 

海綿体制勃起障害
陰茎の病期や外相などで陰茎海綿体の伸縮性が低下することで起きます。

 

動脈性勃起障害
動脈固化などの動脈閉塞性疾患、骨盤外傷、骨盤内臓器手術などが原因となって起こります。

 

静脈性勃起障害
陰茎海綿体血液流出路の移譲による勃起障害のことで、勃起時の静脈排砂機構の機能障害によることが多いといわれています。

 

神経性勃起障害

 

骨盤内臓器手術、骨盤骨折、糖尿病などによる、末梢神経の障害による勃起障害。脊髄損傷などの脊髄の障害による勃起障害。脳血管障害、頭部外傷、パーキンソン病などによる中枢神経の器質的障害に起因する勃起障害となります。

 

内分泌性勃起障害
精巣から分泌されるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌が低下することにより起こります。しかし、テストステロンと勃起機能との関係はまだ十分には解明されていません。
脳の下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンが以上に増えすぎても、すなわち高プロラクチン血症を指摘され、さらには下垂体腫瘍が発見されるような場合もあります。

 

混合性勃起障害

 

降圧薬や向精神薬の治療薬などの薬剤の副作用として勃起障害が起こることがあります。の腕の性的興奮を抑制することもあれば、ホルモンバランスに影響することなどもあり、混合性勃起障害と分類されています。

 

そのほかでは性的知識や経験の欠如が原因となる、新婚性勃起障害という、特殊な状態において発症した機能性勃起障害をあげることができます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ