勃起障害に悩んでいる人に

勃起障害者の苦悩

勃起障害者の苦悩

勃起障害者の苦悩

私の夫はもう完全EDの状態となってしまって数年がたちます。私と夫は悲惨な夫婦生活を送っていました。いとど勃起力回復手術も受けたのですが、効果がありませんでした。

 

そのあとも様々な勃起障害の治療を試しました。その中で効果があったのは、陰茎注射法でした。

 

そのおかげで、徐々にですが、夫との夫婦生活を再生することができました。そのあとでバイアグラが開発されたというニュースが報道されました。

 

このことは、性的不意の腕悲惨な性生活を送っているカップルにはとても良い知らせでしょう。バイアグラが壊れた性生活を改善してくれるのなら、医学の進歩に感謝するべきだと考えます。ただし、バイアグラは誰にでも効果がる薬だとも断言できないのです。

 

バイアグラを服用しても効果を得ることができない男性は、今まで以上に傷つくことでしょう。そうならないように、周りの人も勃起障害について知るべきなのです。

 

インポテンツという病気に関して、社会は尊像病、エイズなどと同じように、話し合い理解しあうことが必要だと思います。

 

インポテンツは誰にでも起こりうる病気なのです。私は夫との実体験から意見を述べていますが、かつて男性を愛したことのある女性は真剣にインポテンツについて一度考えてほしいのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ