勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

勃起障害についての前に、まずは肝心の勃起の目かに済み無について説明していきます。簡単に言えば、勃起は陰茎に血液が一過性に貯留して起こります。このことを最初に見出したのは、あのモナリザや最後の晩餐で有名なレオナルド・ダ・ビンチであったといいます。彼は首吊りの死人の解剖でこのことを確かめたようですが、されに深い機構の解明については、どう考えても陰茎にはやはり魂と知恵があるらしいとのメモを残して断念したといわれています。1980年代より欧米ではもとより我が国においても盛んに研究が行われ、次第に解明されてきました。

 

勃起に関係する血管系

陰茎は日本の陰茎海綿体と一本の尿道海綿体から構成されています。海綿体とはスポンジのような組織と考えていただいてよいでしょう。そしてこれらの海綿体は薄膜という強靭な膜で包まれています。勃起に関与するのは主に陰茎海綿体です。したがって、尿道海綿体の一部である亀頭は勃起時には膨張するものの硬くはなりません。勃起に重要な役割を果たす動脈は、左右の陰茎海綿体内を走る陰茎深動脈です。この動脈を介して陰茎の中に流入してきた血液は陰茎海綿体をみつぃ、白膜の内側に接するように走る海綿体後小静脈、文字通り白膜を貫く貫通静脈を通り、陰茎の中央部から遠位部では深陰茎背静脈を介し、近位部では海綿体静脈を介して陰茎から流出して行きます。

 

勃起に関する神経系

 

勃起は交感神経と副交感神経からなる自律神経系によりコントロールされています。陰茎の神経支配は、おもの交感神経は脊髄の中の下部胸髄および上部腰髄から起こり、骨盤神経に至ります。一方副交感神経は仙髄より起こり、骨盤神経より勃起発言に関与する陰茎海綿体神経が起こり陰茎に分布しています。さらに、勃起は上位中枢寸話知能により支配されており、大脳皮質、大脳辺縁系、などが勃起に関与していると考えられていますが、まだまだ多くが不明のままになっています。

 

勃起の発生

 

視覚、嗅覚、からの性的刺激や性的な空想によって脳が興奮状態になると、興奮した信号は脊髄からコツ顔真卿を通り陰茎海綿体に伝えられます。すると、この神経の末端から、一酸化窒素などの神経伝達物資いつが排出され、陰茎内の動脈や陰茎海綿体が弛緩し、血液が海綿体内に流れ込み、ちょうどスポンジが水を吸った時のように海綿体は膨張し、海綿体内の圧力が上昇します。そして、傍聴した海綿体と白膜との間で海綿体後小静脈が圧迫され、さらに進展した白膜により貫通静脈が絞られ、血液の流出が阻害され、勃起が起こります。これが現在一般的に受け入れられている勃起のメカニズムダリ、このどこかに障害が起こると勃起不全となります。

 

勃起は自律神経つまり交感神経と副交感神経の相互作用によりコントロールされています。通常、勃起状態のときは、副交感神経が優位に働き、火勃起状態の時には、交感神経が結いに機能しています。仕事などに集中しているときには交感神経が優位に働いているため、性的は刺激を受けても勃起することはまずありません。逆に、リラックスしているときには副交感神経が優位になっているので、勃起しやすいのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ